誠光社 SEIKOSHA

京都 河原町丸太町 書店

お知らせ

『IN/SECTS』VOL.6.5に掲載されました

18b108c9963c97ef47d5

関西が誇るインディペンデントマガジン『IN/SECTS』VOL.6.5に当店への取材記事をご掲載いただきました。

特集は「いいお店のつくり方」。立ち飲み屋、書店、銭湯、レコードショップなどなど9店舗の店主が、独立のきっかけ、立ち上げ時の苦労、店舗オープンに伴う予算や、収支などを赤裸々に語っています。これからお店を始めてみたい人、自分の生き方を見つめ直したい人に是非手にとっていただきたい内容です。

当店には近日入荷予定。ご予約受付中です。

“KITAKAGAYA FLEA”に出店します

関西が誇るインディペンデントマガジン『IN/SECTS』の発行元であるLLCインセクツ10周年を記念したイベント”KITAKAGAYA FLEA”に出店いたします。当店が参加するのは22日(日)のみですが、他の二日もかなり盛りだくさんな内容です。「森田一義文化圏Tシャツ」ほか、リトルプレスや古書、トートバッグなどを販売予定。まだ当店へお越しいただいたことのない大阪近郊のみなさまもこの機会に是非ご来場くださいませ。

詳細は以下
http://www.insec2.com/news/2428.html

『マンガをはみだした男 赤塚不二夫』ゲスト・トークに出演します

CfhH468UsAUe97g

6月25日より7月15日まで京都みなみ会館にて上映される『マンガをはみだした男 赤塚不二夫』。漫画家としての全盛期はもちろん、新宿で夜な夜などんちゃん騒ぎした頃、さまざまな才能との交流、アル中ですごした晩年まで、多くの証言とともに振り返る、素晴らしいドキュメンタリー作品です。初日、15時55分からの上映後に、ミズモトアキラさんと共にゲスト・トークに出演します。映画で語られなかった細部やこぼれ話を披露させていただきます。詳しくはみなみ会館さんウェブサイトをご覧ください。

http://kyoto-minamikaikan.jp/archives/26978

「低忠実性鼻腔の実験室」開催のお知らせ

12140727_1176039515740231_912526287695028667_n
ことの始まりは大学の図書館で閲覧したフールニエのタイポグラフィに関する古い書物。マーブリングが施された小口より醸し出されるドライフルーツのようなほのかな香り。匂いはインターネットで検索することができない。長い年月を経て本の香りを感じ、それを言語化しようとする過程の愉しみにとりつかれた著者は、以後何を嗅いでも何かを思い出した。
東京の下町ですれ違うお相撲さんの匂い。バスや電車で出会う体臭、木の匂いのする香水、燃える理髪店の匂い、ブエノスアイレスの官能的な香り。18本の匂いにまつわるエッセイの中ほどに、4種の香り付きペーパーチップが綴じ込まれ、読者はそこから香りにまつわるワークショップへと誘われる。
12440581_1176039872406862_2903909799795561900_o
5月14日、当店近くの京町屋「bonjour現代文明」を会場に開催されるワークショップ「低忠実性鼻腔の実験室」では、主催の庄子結香さん編集・デザインによる冊子”lo-fi nose”を参加者の皆様に配布します。縦長のハードカバードイツ装の表紙を開けば、トレーシングペーパーとシンプルな文字組みが。これだけで参加費分の値打ちはある素晴らしい造本。4種の香りの正体はワークショップに参加した方だけに明かされる秘密。
会場の雰囲気も含め、ぜひご体験いただきたい企画。詳細・ご予約受付はこちらから。

「京都人のひとりごと」にてブログ更新中

婦人画報社さんが運営される京都情報のポータルサイト「きょうとあす」内の京都人ブログ「京都人のひとりごと」にてブログを更新中です。どう考えても同ブログ中では異色の抜擢にたじろぎましたが、高校時代の可愛い後輩が編集を担当、直接ご依頼いただいたので断る理由もなく引き受けさせていただきました。

当店ウェブサイトではなかなかご紹介できない、丸太町ネイバーフッドの情報や、店を運営するにあたっての舞台裏などを少しずつご紹介できればと思っております。どうぞご覧くださいませ。

 

京都人のひとりごと「堀部篤史さんのひとりごと」

http://www.trip.kyoto.jp/column/(kyotojin)/horibe_atsushiatsushi/