誠光社 SEIKOSHA

京都 河原町丸太町 書店

お知らせ

『群像』2021年8月号に梶谷いこさんが寄稿されています

講談社の文芸誌『群像』2021年8月号に、『恥ずかしい料理』の著者、梶谷いこさんが寄稿されています。「自分をケアする料理」というお題のもと、ほかに角田光代、高山なおみ、平野紗季子、くどうれいんという面々が参加。

毎号充実の『群像』は毎号取り扱っておりますので、ご来店の際はどうぞお見逃しなく。

奈良県立図書情報館「キーワードから広がるブックトーク2021」開催のお知らせ

奈良県立図書情報館にて、久々に連続ブックトークを開催します。みなでテーマ本を読んだ上で感想を交わし合う読書会とは違い、基本はトークイベントスタイルですので、準備、予備知識は不要。毎回1テーマのもと関連する多ジャンルの本の内容をご紹介。7月23日(金・祝)の第一回テーマは「家庭料理」。藤原辰史さんの『ナチスのキッチン』(共和国)から当店刊行の『恥ずかしい料理』まで、それぞれをリンクさせながら家庭料理とは何かを考えます。

第二回以降の詳細・お申し込みは下記リンクより。どなたもお気軽にご参加くださいませ。

https://www.library.pref.nara.jp/event/3637

 

「ポ magazine」にて「京都で聴きたいプレイリスト」に参加しました。

ライブラリーの選書をお手伝いさせていただいた梅小路ポテルさんが運営されるウェブマガジン「ポ magazine」からのご依頼で「京都で聴きたいプレイリスト」を選曲、コメントを寄せさせていただきました。

まほろば和田さんとご一緒できて光栄です。記事はリンクからどうぞ。

噂のあの人に教わるプレイリストには、京都を楽しむヒントが詰まっているらしい

『アウト・オブ・民藝』第四刷出来

2019年に当店より刊行しました『アウト・オブ・民藝』がこの度3度目の増刷を重ね、第四版が出来ました。2021年秋から翌年にかけ、東京国立近代美術館にて「民藝の100年」展も開催予定。まだ未読の方はこの機会に是非本書を手にとって、別の角度から「民藝」を考えてみてはいかがでしょうか。

一般書店さんにはトランスビューさん経由で、1冊単位からご注文いただけます。直取引ご希望の店舗様(業種問わず)は5冊以上、買取6掛けという条件でご対応しておりますのでお気軽にお問い合わせくださいませ。

rooms JOURNEY 01 企画イベント「POP UP BOOK SHOP by INSECTS」参加のお知らせ

7月1日より5日まで阪急うめだ本店9階にて開催予定のイベント、「rooms JOURNEY 01 – みんなと一緒に描く『ちがう地図。』」内の「 POP UP BOOK SHOP by INSECTS 」に当店も参加させていただきます。

NEW ‘BOOK SHOP’ CULTUREと題して、現在の書店の商いにフォーカスした『インセクツ』最新号。その中で紹介した誠光社(京都)、FOLK old book store(大阪)、READAN DEAT(広島)、ON READING(名古屋)、シカク(大阪)、SUNNY BOY BOOKS(東京)、SHIBUYA PUBLISHING & BOOK SELLERS(東京)、開風社(京都)、汽水空港(鳥取)をはじめクオン/チェッコリ(東京)、numa books(東京)、ミシマ社(京都)の書籍、雑誌、グッズを販売。

ZINEづくりワークショップや、オンライントークもあるそうですのでぜひ皆様お見逃しなく。

時 間:10:00~20:00 ※最終日は18:00時終了
会 場:rooms JOURNEY 01(阪急うめだ本店9階)
第一会場 St-110 にてブース出店

詳細は下記リンクより

https://www.insec2.com/news/5233.html