誠光社

京都 河原町丸太町 書店

編集室

粒あん

梶谷いこ

和田夏十の言葉

連載について

『黒い十人の女』から『東京オリンピック』まで、市川崑監督作品の数々で知られる名脚本家、和田夏十。『恥ずかしい料理』の著者、梶谷いこが、その透徹で鋭いセリフの数々や本人の著述と、自らの生活を重ね合わせ綴る連載エッセイ。

バックナンバー

プロフィール

  • 梶谷いこ 近影

    梶谷いこ

    かじたに・いこ

    1985年鳥取県生まれ、京都市在住。文字組みへの興味が高じて2015年頃より文筆活動を開始。ZINE、私家版冊子を制作。著書に『恥ずかしい料理(誠光社)』、その他作品に『あすとれあ「和田夏十の本」のホン』などがある。