誠光社 SEIKOSHA

京都 河原町丸太町 書店

お知らせ

『つくるたべるよむ』(本の雑誌社)に寄稿しました

「料理と読書のおいしい関係」を考えるバラエティブック、『つくるたべるよむ』(本の雑誌社)に「コップ二、三杯くらいの水」と題した原稿を執筆させていただきました。

「食を読む」というお題のもと、片岡義男や吉田健一、檀一雄、そして『珈琲の建設』など、あいも変わらず同じような本について書いております。