誠光社

京都 河原町丸太町 書店

イベント

第78回「読んでいいとも! ガイブンの輪」(京都篇) 豊﨑由美×谷崎由依

第78回「読んでいいとも! ガイブンの輪」(京都篇) 豊﨑由美×谷崎由依

2022.10.29 19時〜

「読んでいいとも!ガイブンの輪」通称〈よんとも〉は書評家の豊﨑由美さんが「笑っていいとも」の「テレフォンショッキング」方式でゲストをお招きし、素敵な本屋さんを転々として海外文学について語り合う流浪番組、ではなくトークショーです。とびきりのガイブン”目利キスト”である豊﨑さんとゲストが、「これはおもしろい!」「いまが旬!」「読んで損しない!」という一冊をおススメし、魅惑の翻訳小説ワールドへとみなさんをご案内いたします

今回のゲストは、前回ゲスト円城塔さんのご紹介で、谷崎由依さんをお招きします。

どうぞお見逃しなく!

 

※本イベントはご来店またはリアルタイム配信と見逃し視聴(2週間)でご参加いただけるイベントです。詳細につきましてはページ下部をご確認ください。

https://seikosha.stores.jp/items/6322977e852d443d77612b91

  • 谷崎由依

    作家・翻訳家。2007年「舞い落ちる村」で文學界新人賞、2019年『鏡のなかのアジア』で芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞。他の著書に『舞い落ちる村』、『囚われの島』、『藁の王』、『遠の眠りの』、主な訳書にジェニファー・イーガン『ならずものがやってくる』、ノヴァイオレット・ブラワヨ『あたらしい名前』、コルソン・ホワイトヘッド『地下鉄道』などがある。近畿大学文芸学部准教授。

    写真:©Kikuko Usuyama

  • 豊﨑由美(とよざき・ゆみ)

    ライター、書評家。「週刊新潮」「中日(東京)新聞」「婦人公論」などで書評を多数掲載。主な著書に『勝てる読書』(河出書房新社)、『ニッポンの書評』(光文社新書)、『ガタスタ屋の矜持 場外乱闘篇』(本の雑誌社)、『文学賞メッタ斬り!』シリーズ&『村上春樹「騎士団長殺し」メッタ斬り!』(大森望氏との共著、河出書房新社)、『石原慎太郎を読んでみた 入門版』(栗原裕一郎氏との共著、中公文庫)、『まるでダメ男じゃん!「トホホ男子」で読む、百年ちょっとの名作23選』(筑摩書房)などがある。Twitterアカウントは@toyozakishatyou

開催日
2022年10月29日(土)
時間
19時〜
会場
誠光社
定員
25名さま
ご参加費
1500円+1ドリンクオーダー

ご予約申込

第78回「読んでいいとも! ガイブンの輪」(京都篇) ご予約

お名前:
メールアドレス:
メールアドレス(再入力):
電話番号: - -
お申し込み人数、その他の追記事項:

ご予約は定員に達し次第締め切らせていただきます