誠光社 SEIKOSHA

京都 河原町丸太町 書店

イベント

移動する写真

移動する写真
鷲尾和彦『Station』(夕書房)刊行記念展

終了しました

写真家・鷲尾和彦さんの6年ぶりの新作写真集『Station』の刊行を記念し、写真集収録のモノクロームプリントを展示いたします。

「2015 年9月9日、オーストリア・ウイーン西駅。欧州から日本への帰途にあった私は、空港へ向かうバスに乗り換えるために降りた駅のホームで、あふれんばかりに押し寄せる人の波に突如としてのみ込まれた」——鷲尾さんが本作で捉えたのは、自国を逃れてヨーロッパへと向かう、「難民」と呼ばれる中東やアジアの人々。
不安や希望を抱えながら「移動」を続ける1人ひとりの表情に表れる人生に思いを馳せるうち、見る者は自然と自らの人生を重ね合わせていきます。

本展示は、連続写真展「移動する写真」の2駅目でもあります。
誰もが「難民」のようにさまよっている今、この写真集を媒体に各地で対話が広がることを願いつつ、皆さまのご来場をお待ちしています。

—————-

移動する写真

写真はいつでも境界線上にあります。目の前の風景とその向こう側、あるいは日々を送る場所と未だ足を踏み入れていない未知なる世界との境に。写真を見ることは、そうした境界線を通過する体験でもあります。
『Station』の人々が駅から駅へと移動したように、写真と写真の中の人たちが全国の街の本屋さんやギャラリーなど人々が行き交う小さな「駅」に停まりながら、どこまでも移動していく——そんな連続写真展を開催します。
お近くの「駅」に写真がやってきたら、ぜひ足を運んでみてください。
移動をつづける写真の向こうに、何かを感じていただけたら幸いです。

鷲尾和彦

  • 鷲尾和彦(わしお・かずひこ)
  • 鷲尾和彦(わしお・かずひこ)

    写真家。兵庫県生まれ。1997年より独学で写真を始める。写真集に、海外からのバックパッカーを捉えた『極東ホテル』(赤々舎、2009)、『遠い水平線 On The Horizon』(私家版、2012)、日本各地の海岸線の風景を写した『To The Sea』(赤々舎、2014)、共著に作家・池澤夏樹氏と東日本大震災発生直後から行った被災地のフィールドワークをまとめた書籍『春を恨んだりはしない』(中央公論新社)などがある。

    washiokazuhiko.com

開催日
2020年9月1日(火)ー 2020年9月15日(火)
時間
10時〜20時(最終日・イベント開催日は18時まで)