誠光社 SEIKOSHA

京都 河原町丸太町 書店

イベント

たんに絵でしかないような場所

たんに絵でしかないような場所
法貴信也著『大﨑真理子が描いた“あの日のユンボ”のこと』刊行記念トーク

法貴信也は、今年1冊の本『大﨑真理子が描いた“あの日のユンボ”のこと』を上梓しました。36ページの小さな本ですが、その全部を使って、1枚の絵のことだけ、書いています。大﨑真理子(1994-2018)の残した、1枚の絵についてです。

この1枚の絵の完成のために、何枚もの絵が描かれています。本書にもそれらの写真がありますが、その「何枚もの絵」がまたいいのです。でも、画家にとってそれは「いい絵」でしかありません。

彼女は、立ち止まらず、どんどん進みます。

試行錯誤を繰り返し、時間をかけて到達するのは「ただの絵」という場所。絵でしか見ることのできない、ただ、たんに絵でしかないような場所です。

と、私なりにこの全36ページの本を要約すると、こうなります。

間違っているかもしれません。いや、きっと間違っているでしょう。

だから直接、著者に聞いてみることにしたいです。

著者は、この画家の大学での指導教官であり、ライバルでもあり、大事な絵の仲間でもありました。「ただの絵」という場所の、その広大な野原を走り回るような、貴重な話が聞けると思います。

 

福永信

  • 法貴信也(ほうき・のぶや)
  • 法貴信也(ほうき・のぶや)

    1966年、京都生まれ。1993年、京都市立芸術大学大学院美術研究科絵画専攻修了後、作家活動。現在、作家活動と共に母校にて後進の指導にあたる。

  • 福永信(ふくなが・しん)
  • 福永信(ふくなが・しん)

    1972年、東京生まれ。1996年、京都造形芸術大学芸術学科中退後、作家活動。現在、書斎にて小説の制作にあたる。

開催日
2019年10月27日(日)
時間
19時〜
会場
誠光社
ご参加費
無料(要1ドリンクオーダー)
定員
30名さま
ご予約方法
E-mail:s-contact@seikosha-books.com
(参加ご希望イベント名、お名前、お電話番号をご記載ください)

または店頭、お電話にて承ります。

ご予約は定員に達し次第締め切らせていただきます