誠光社 SEIKOSHA

京都 河原町丸太町 書店

イベント

ジョンとポール 余録と補遺 2006-2019

ジョンとポール 余録と補遺 2006-2019

終了しました

「世界は私の表象である」

ショーペンハウアー哲学におこがましくも余録と補遺(Parerga und Paralipomena)した、呉のミュージシャン「ジョンとポール」による歌う哲学アルバム「パレルガ・ウント・パラリポーメナ」の誠光社よりのリリースを記念し、ジョンとポールという異色のミュージシャンの現在を紹介し、これまでを振り返る回顧展を開催。

小説、映画、絵画に、ポップミュージックの範疇を超えインスパイアされた音楽の数々。音楽ソフトを買うことは本来その背景にある無数のカルチャーへの入り口を入手することでもあります。

一枚の作品の背景にある、膨大なキーワードをご覧いただき、知らない本や音楽への扉を開いていただければ幸いです。会場ではジョンとポールのこれまでの作品を取り揃え、販売する他、今回用に特別作成したニュースペーパーも、関連作品お買い上げの皆様に配布します。

  • ジョンとポール、バッチグー・山本、コンバイン
  • ジョンとポール、バッチグー・山本、コンバイン

    ジョンとポール名義で2006年『1=百万年』にてデビュー。

    2017年、翻訳をテーマにした7枚目のアルバム『English-Japanese』を誠光社よりリリース。
    同じく2017年頃よりバッチグー・山本、コンバイン、たまにリズムボックスのリンゴを加え、各々の音楽活動と並行してトリオで活動を始める。
    今年、連名による初のアルバム「パレルガ・ウント・パラリポーメナ」を再び誠光社より4/1にリリース。
開催日
2019年4月1日(月)ー 2019年4月15日(月)
時間
10時-20時(イベント開催日・最終日は18時まで)