誠光社 SEIKOSHA

京都 河原町丸太町 書店

イベント

AIはモーツァルトになれるのか?

AIはモーツァルトになれるのか?
岡田暁生『音楽と出会う』刊行記念トーク

終了しました

音楽学者・岡田暁生さんの新刊『音楽と出会う—21世紀的つきあい方』が、世界思想社から4月に刊行されます。この本では、ネット動画、若者の音楽離れ、カリスマ不在、癒し音楽ブームなど、21世紀に固有の音楽現象を挑戦的にとりあげ、規格外の音楽とつきあう楽しさが語られています。

AIの技術は日々進歩し、AIが「モーツァルト風」「ビートルズ風」の曲を作るといったニュースが流れています。はたして、21世紀のモーツァルトになれるAIも現れるのでしょうか? 近代西洋音楽史を専門とする岡田暁生さんに、実例を挙げながらたっぷり語っていただきます。音楽が大好きなかたはもちろん、AIに詳しいかたや、音楽の良さがいまひとつわからないというかたも、ぜひお越しください!

  • 岡田 暁生(おかだ あけお)
  • 岡田 暁生(おかだ あけお)

    1960年京都生まれ。音楽学者。京都大学人文科学研究所教授。
    3歳のときからピアノの英才教育を受けさせられ、当時の先生は「この子は才能がある」と言っていたらしいが、レッスンが厳しすぎ7歳でピアノ教室から逃走、音楽家への道は挫折。本当は研究者ではなく、あのままレッスンを続けて、もっと直接に音楽と関わる仕事をやりたかった。8年ほど前からジャズ・ピアノに目覚め、今でも毎月レッスンに通う。師匠フィリップ・ストレンジ氏を導師と崇める。

    専門は19世紀から20世紀初頭の西洋音楽史。とりわけピアノ音楽とオペラ(リヒャルト・シュトラウス)。おもな著書に『音楽の聴き方』、『西洋音楽史』、『オペラの運命』(以上、中公新書)、『リヒャルト・シュトラウス』(音楽之友社)、『すごいジャズには理由がある』(共著、アルテスパブリッシング)がある。

開催日
2019年4月5日(金)
時間
19時〜
会場
誠光社
定員
30名さま
ご参加費
1500円+1ドリンクオーダー
ご予約方法
E-mail:s-contact@seikosha-books.com
(参加ご希望イベント名、お名前、お電話番号をご記載ください)
または店頭、お電話にて承ります。

ご予約は定員に達し次第締め切らせていただきます

ご予約は定員に達し次第締め切らせていただきます