誠光社 SEIKOSHA

京都 河原町丸太町 書店

読み物

無重力のカントリー・ミュージック、月面の環境音楽

「フロンティアの開拓者という意味において、宇宙飛行士はカウボーイなんだ」

続きを読む →

広島市現代美術館経由でREADAN DEATに足を運び、「アウト・オブ・民藝」玩具編オープニングトークを聞いて京都にとんぼ返りした日のこと。

新幹線の車内で、鞄に入れっぱなしだった尾崎一雄の『暢気眼鏡・虫のいろいろ』を読んでいたら、齢七十にさしかかった著者が柳宗悦夫人の兼子を尋ねる『日の沈む場所』という回想記に出くわした。京都山科で行われた志賀直哉主宰の茸狩りの帰路、一同が乗り合わせた疎水をゆく小舟がトンネルにさしかかったとき、突如として唄い出した兼子の歌声が終生忘れ難かったという。

続きを読む →

みなみ会館に行って『アンソニーのハッピーモーテル』のトークでリチャード・アヴェドンについて話した日のこと。

リニューアルオープンしたばかりのみなみ会館の吉田館長にお声がけいただき、『アンソニーのハッピーモーテル』上映後トークに出演。「ルーキー映画祭」という企画にあわせたトークだそうだが、メイン上映が行われる週末3日間はいずれも予定があったし、対談相手のグッチーズ・フリー・スクール降矢さんともほぼ面識がない。なにより自分は専門家でも映画批評家でもなんでもないので、当初はやんわりお断りしかけたのだが、週明けの平日にでも、とのこと。お祝いの気持ちもあったので、映画の一ファンという立場で登壇させていただくことに。

続きを読む →