誠光社 SEIKOSHA

京都 河原町丸太町 書店

イベント

小説家のブックトーク 第四回「なつかしい」谷崎由依

小説家のブックトーク 第四回「なつかしい」谷崎由依

終了しました

チベット、台湾、京都、インド、そしてクアラルンプール。時代を超越した幻想的アジアを描いた傑作短編集『鏡のなかアジア』をこの夏上梓されたばかりの谷崎由依さんをお迎えし、その創作の源泉にせまるブックトークを開催します。

森林の生態系変化を都市の変貌に重ね合わせた『天蓋歩行』に代表されるように、谷崎さんが描写される記憶はときに個人史をはるかに超え、幾世代もが積み重ねてきた根源的な「なつかしさ」にまで辿り着き、読者の無意識を揺さぶります。

私たちが当たり前のように口にし、記し、思考するための言語にもルーツがあり、人々の営み以前に自然のルールが支配する土地があった。そんな遠大で気の遠くなるような「なつかしさ」を描く、谷崎さんの血肉となった本を三冊ご紹介、たっぷり語っていただきます。会場ではテーマ本はもちろん、谷崎さんのご著書も販売予定。またとない機会をどうぞお見逃しなく!

  • 谷崎由依(たにざき ゆい)
  • 谷崎由依(たにざき ゆい)

    小説家、翻訳家。福井市生まれ、京都市在住。著書に『舞い落ちる村』(文藝春秋)、『囚われの島』(河出書房新社)、『鏡のなかのアジア』(集英社)。訳書にジェニファー・イーガン『ならずものがやってくる』、ノヴァイオレット・ブラワヨ『あたらしい名前』、コルソン・ホワイトヘッド『地下鉄道』(すべて早川書房)ほか多数。

    Photo by Kikuko Usuyama
    写真:宇壽山貴久子
    (c)Kikuko Usuyama

開催日
2018年9月22日(土)
時間
19時〜
会場
誠光社
定員
30名さま
参加費
1500円+1ドリンクオーダー
ご予約方法
E-mail:s-contact@seikosha-books.com
(参加ご希望イベント名、お名前、お電話番号をご記載ください)

または店頭、お電話にて承ります。

ご予約は定員に達し次第締め切らせていただきます