誠光社 SEIKOSHA

京都 河原町丸太町 書店

イベント

京都で、街と山のあいだ。

京都で、街と山のあいだ。
若菜晃子『街と山のあいだ』刊行記念トークイベント

街と山のあいだをテーマに刊行する小冊子『murren』発行・編集人である若菜晃子さんが、山をテーマにした待望の随筆集を刊行されました。

「山と溪谷」編集部にて経験された数多くの山行からだんだんと変化してきた、若菜さんと山の付き合い方。「人生に、山があってよかった。」と言い切る著者には、どんな景色が見えているのか。何度も登りたくなる山の魅力は何なのか。

『街と山のあいだ』は、静けさの中に芯の通った強さがある文章で、山の魅力をあますところなく綴った随筆集です。四季にわたる山行記や自然との邂逅、よく登る山、串田孫一先生との思い出など、細やかなエピソードに彩られた59篇。

山が好きな人も山に憧れる人も、自然を近しく感じられるこの本の刊行を記念して、山々に囲まれた京都で山の話を聞く秋の夜のひとときです。
  • 若菜晃子(わかなあきこ)
  • 若菜晃子(わかなあきこ)

    1968年兵庫県神戸市生まれ。学習院大学文学部国文学科卒業後、山と溪谷社入社。『wandel』編集長、『山と溪谷』副編集長を経て独立。山や自然、旅に関する雑誌、書籍を編集、執筆。「街と山のあいだ」をテーマにした小冊子『murren』編集・発行人。『東京近郊ミニハイク』(小学館)、『徒歩旅行』(暮しの手帖社)、『地元菓子』(新潮社)、『東京甘味食堂』(本の雑誌社)など著書多数。

開催日
2017年12月16日(土)
時間
19時-
会場
誠光社
定員
30名様
ご参加費
1500円+1ドリンクオーダー
ご予約方法
E-mail:s-contact@seikosha-books.com
(参加ご希望イベント名、お名前、お電話番号をご記載ください)
または店頭、お電話にて承ります。

ご予約は定員に達し次第締め切らせていただきます