誠光社 SEIKOSHA

京都 河原町丸太町 書店

イベント

林哲夫、装釘家花森安治を語る

林哲夫、装釘家花森安治を語る
『花森安治装釘集成』刊行記念スペシャルトークイベント

20d3a2d3547dbccb8b80

文章はことばの建築だ。だから本は釘でしっかりとめなくてはならない」ーーこれが花森の本作りの考えであった。「装幀」ではなく「装丁」でもなく、あえて「装釘」という言葉を使った。日本が敗戦から立ち上がり、高度経済成長をとげるなかで『暮しの手帖』という小さな雑誌を100万部へと導いた成功の秘密は、この2文字「装釘」に集約されるように思う。

『花森安治装釘集成』は、花森が装釘を手がけた単行本のほぼすべて、そして『暮しの手帖』はもとより表紙を描いた数多くの雑誌を収録する。その1000点におよぶ図版を編集・レイアウトするなかで、本書の装幀者・林哲夫が感じた花森安治のデザイン・ポリシーとそのルーツをじっくり語る。新発見資料として雑誌『文 明』の表紙画およびカットの原画32点を紹介。

今回、編者のお一人であり、「装釘本」の装釘も手がけられた林哲夫さんをお迎えし、そのコレクションや装釘者としての実感も織り交ぜ、花森安治の偉大な仕事の数々をスライドとともに紹介、考察していただきます。

会場では貴重な花森安治装釘本も販売予定。この機会をお見逃しなく

花森安治装釘集成はこちらにて販売中

バナー写真は河津一哉氏撮影;部分

  • 林 哲夫
  • 林 哲夫

    画家、著述家、装幀家。著書『喫茶店の時代』(編集工房ノア)により第15回尾崎秀樹記念大衆文学研究賞受賞。編著・装幀『書影でたどる関西の出版100』(創元社)により第9回竹尾賞デザイン書籍優秀賞受賞。装幀『書影の森ー筑摩書房の装幀1940-2014』(みずのわ出版)により第50回造本装幀コンクール・日本書籍出版協会理事長賞受賞。他に著書『古本屋を怒らせる方法』(白水社)など。

開催日
2017年5月5日(金)
時間
19時〜
会場
誠光社
定員
30名さま
参加費
1500円+1ドリンクオーダー
ご予約方法
E-mail:s-contact@seikosha-books.com
(参加ご希望イベント名、お名前、お電話番号をご記載ください)

または店頭、お電話にて承ります。

ご予約は定員に達し次第締め切らせていただきます