誠光社 SEIKOSHA

京都 河原町丸太町 書店

イベント

『犬が星見た』をめぐる、高山なおみの夏の旅の話

『犬が星見た』をめぐる、高山なおみの夏の旅の話
『ロシア日記 シベリア鉄道に乗って』、『ウズベキスタン日記 空想料理の故郷へ』 (共に新潮社刊)2冊同時刊行紀念トークイベント

終了しました

「武田百合子さんの『犬が星見た』をはじめて読んだのは10年ほど前のこと。
何度も何度も読み返し、そのたびに百合子さんや泰淳さん、銭高老人と船に乗り、
鉄道に揺られ、見知らぬ街を歩き、本の中をいっしょに旅してきた。」
(『ロシア日記』より)

憧れがつのって、高山さんはロシアの旅に出ることにしました。相棒は絵描きの川原さん。百合子さんたちと同じように海路でロシアに上陸、シベリア鉄道を乗りついで……。

その2年後、今度はウズベキスタンの地へ。東西文化の刻まれた古都のバザールを楽しみ、暑い砂漠で眠り、ひなびた村で伝統料理を教わる。

「言葉が通じないくらいの方が、いろんなことが分かり合える」

――出会いに満ちた極上の旅について、武田百合子という稀有な視線の持ち主について、たっぷりお話してもらいましょう。

聞き手:堀部篤史(誠光社)

  • 高山なおみ
  • 高山なおみ

    1958年静岡生まれ。レストランのシェフを経て料理家に。文筆家としても活躍。

    著書に、『帰ってから、お腹がすいてもいいようにと思ったのだ。』、『日々ごはん』、『フランス日記』、『高山ふとんシネマ』、『押し入れの虫干し』、『明日もいち日、ぶじ日記』、『気ぬけごはん』、『高山なおみのはなべろ読書記』、『きえもの日記』など。近刊に『帰ってきた日々ごはん②』がある。『野菜だより』『料理=高山なおみ』、『実用の料理 ごはん』ほか料理本も多数。絵本にも取り組んでおり、『どもるどだっく』、近刊『たべたあい』(いずれも絵・中野真典)を準備中。夫スイセイ(発明家・工作家)とのはじめての共著『ココアどこ、わたしはゴマだれ』が2016年秋に刊行予定です。

開催日
2016年8月28日(日)
時間
19時−21時
会場
誠光社
参加費
1500円+ワンドリンクオーダー
ご予約方法
ご予約受付を終了しました

ご予約は定員に達し次第締め切らせていただきます