誠光社 SEIKOSHA

京都 河原町丸太町 書店

イベント

『小説の家』のための50のオビ

『小説の家』のための50のオビ

終了しました

柴崎友香、岡田利規、山崎ナオコーラ、最果タヒ、長嶋有、青木淳悟、耕治人、阿部和重、いしいしんじ、古川日出男、円城塔。総勢11名の小説家によるアンソロジー集『小説の家』がついに刊行されます(デザイン・名久井直子)。

「美術手帖」誌上で2010年から不定期で掲載され、話題を呼んだ福永信の企画による小説&ビジュアルページを、名久井直子が1冊の本として華麗に再構築しました。 上條淳士、福満しげゆきといった漫画家による挿絵の描き下ろし、栗原裕一郎の精緻な論考、福永信による長すぎる謝辞など、見応え、読み応えのある、一生モノの本といえるでしょう(ちなみに、すべての短編が、各著者の著作で未収録!)。

そんな『小説の家』出版を記念して、誠光社だけでしか手に入らない、これまた福永信の企画によるユーモラスな特別オビ仕様で、期間限定販売いたします(仲村健太郎デザイン、ナマエミョウジ漫画/限定50部)。 参加作家たちが直接、手書きでメッセージを寄せた1冊ごとに異なる、世界でたった一つのオビですので、ぜひお早目にお越しください。

  • 福永信
  • 福永信

    1972年生まれ。著書に『アクロバット前夜』、『コップとコッペパンとペン』、『こんにちは美術』(編著)など。2015年、第5回早稲田大学坪内逍遥大賞奨励賞受賞。

開催日
2016年8月16日(火)ー 2016年8月31日(水)
時間
10時−20時(最終日のみ18時まで)