誠光社 SEIKOSHA

京都 河原町丸太町 書店

誠光社について

街から本屋が姿を消しつつある。そんな話をここ十数年いたるところで耳にしてきました。もう聞き飽きたという方も多いでしょう。メディア上ではノスタルジーと感傷にまみれた言葉が飛び交い、危機感を伴う記事もあちこちで目にします。話題にはなりながらも新刊書店は増えるどころか減る一方。百万冊規模のメガストアや、企業がバックアップする複合店がオープンしたというニュースは雑誌やSNSで目にしますが、雑誌や文庫を取り揃える個人経営の本屋が最近開店したという話は、寡聞にして知りません。

「街の書店」についてこれだけの言説が飛び交う中、なぜ新たに本屋が生まれないのでしょうか。その理由のひとつに、流通を一手に取り仕切る大手取次店との契約が困難なことや、その流通上の問題から新刊書の販売利益がごくわずかしかないという、構造矛盾があります。脱サラをした書店員さんが新刊書店を立ち上げるにはあまりにも高い障壁が目前にそびえ、それを乗り越えたとしても、本という商材だけではとても経営が成り立たないのが現実です。

システムに無理があるならば、改善し、あらたなルールを提案すればいい。本屋の話はもうやめにして、本屋をはじめてみよう。

誠光社は本屋の新しいあり方を提案すべく始めた、ささやかな実験でもあります。できるだけ出版社さんから直接本を仕入れ、双方の利幅を確保する。最小限の規模で、できるだけ店主が選書も店番も取引先とのやりとりも行う。売り上げを確保するため本以外のメディアを扱う際には、できるだけ本と親和性の高いものを選ぶ。土地に根付き、お客さまに影響され、店主自身も勉強しながら商品構成が変化し続ける。姿形はこれまでに親しまれてきた街の本屋でありながら、経営のあり方はこれまでと一線を画する。そうして出来た店が、これからの当たり前の本屋であることを願っています。

本屋は街の光です。誠光社の試みが広く認知され、同じスタイルの本屋が全国に百店舗できれば、薄暗くなりつつある街も少しは明るくなるはずです。今回の試みはできるだけオープンにし、本屋を志すみなさんと共有し、参照できるよう発信するつもりです。

この試みに賛同し、われわれと直接取引をしてくださる版元さまを募集しております。

誠光社
堀部 篤史

誠光社のパートナーのみなさま

  • 出版社
    (あいうえお順)

    • 亜紀書房
    • 朝日出版社
    • アノニマスタジオ
    • アルテスパブリッシング
    • イースト・プレス
    • いそっぷ社
    • インスクリプト
    • エクスナレッジ
    • エランド・プレス
    • eleking books
    • 太田出版
    • 学芸出版社
    • 鹿島出版会
    • 河出書房新社
    • 木楽舎
    • K&B パブリッシャーズ
    • 京阪神エルマガジン社
    • 月曜社
    • 幻戯書房
    • 幻冬舎
    • 工作舎
    • 航思社
    • 国書刊行会
    • 皓星社
    • 左右社
    • 産業編集センター
    • 思潮社
    • 晶文社
    • シンコーミュージック
    • 新潮社
    • 新宿書房
    • スイッチ・パブリッシング
    • スペースシャワーネットワーク
    • 青弓社
    • 青幻舎
    • 青土社
    • 世界思想社
    • 青林工藝舎
    • 創元社
    • 大福書林
    • 淡交社
    • 筑摩書房
    • 中央公論新社
    • DU BOOKS
    • 築地書館
    • デコ
    • 東京書籍
    • 土曜社
    • TOTO出版
    • ナナロク社
    • 夏葉社
    • 白水社
    • 白揚社
    • 羽鳥書店
    • PIE International
    • ビー・エヌ・エヌ新社
    • フィルムアート社
    • 平凡社
    • 編集グループSURE
    • PHP研究所
    • ぷねうま舎
    • 文藝春秋
    • 文遊社
    • 本の雑誌社
    • ミシマ社
    • みすず書房
    • みずのわ出版
    • 未知谷
    • 港の人
    • mille books
    • 武蔵野美術大学出版局
    • メディア総合研究所
    • 雷鳥社
    • 洛北出版
    • LIXIL出版
    • リットーミュージック
    • リトルモア
  • 出版流通

    • 子どもの文化普及協会
    • 株式会社 新進
    • トランスビュー
    • ツバメ出版流通
  • ほか

    • 宇賀田直人
      (WEBデザイン)
    • 藤田康平
      (Barber/ロゴデザイン)
    • 安田勝美
      (空間設計)
    • Noritake
      (店内掲示ポスター制作)
    • かもがわカフェ
      (コーヒー)
    • 六曜社
      (コーヒー)
    • 男子休日委員会
      (台湾買付コーディネート/商品紹介)
    • CITY LIGHTS Booksellers & Publishers
      (店内掲示ポスター意匠提供)
    • 鮫島さやか
      (翻訳)
    • 松永大地[ポケッツ]
      ("Honesty lights press"デザイン・編集協力)
    • 大村大悟
      (看板・什器製作)
    • PLANNING OFFICE 4
      (音響・映像設営)
    • クワノトレーディング
      (古書)
    • IDEA BOOKS
      (洋書)
    • 迷子
      (古書)
    • 小浜晴美
      (写真)

直接取引をしてくださる
出版社さまを募集しています

本屋は取次と呼ばれる問屋を通して本を仕入れることが長いあいだ常識となっていました。1冊単位の注文を担い、返品も受け入れてくれる委託販売、再販制度は取次あってこそ成り立つシステムであり、本屋にとって業務や流通を単純化してくれるなくてはならないものであることは確かです。

しかし、その一方で取次主導の商品構成のあり方が一般化し、契約上の高いハードルから結果的に新規参入が難しい業態になってしまったことは、読者が本と街の中で物理的にアクセスする機会を阻む要因にもなっています。

当店ではそういった慣習から離れて、独自の流通を構築し、自由な棚づくりをするためのパートナーを募集しています。取引条件などは相談に応じさせていただきます。本の行き先や売り手の顔すら分からない巨大な流通ではなく、店と出版社さまが直接相談しながらよりよい取り引きが出来れば幸いです。

詳しくはお電話、もしくはお問い合わせページよりご連絡ください。