誠光社 SEIKOSHA

京都 河原町丸太町 書店

お知らせ

「RAIN FAIR」のお知らせ

RAIN04

イラストレーター・Noritakeによる雨をモチーフにした水色のノート「RAIN」。その発売を記念したコーナー展開が、東京のSTEVEN ALAN TOKYO、PAPIER LABO.、大阪のdieci、京都の誠光社、台湾のwashidaにて7/15(土)から開催します。ノートとあわせて、アパレルブランド・AURALEEにNoritakeが別注オーダーした開襟シャツとTシャツも5店舗限定でならびます。

当店オープン前からご相談、あたためてきた企画です。今回コンセプトの元となったフランシス・ポンジュの貴重な絶版詩集もあわせて販売させていただきます。

01_rain_note

06_rain_note

「RAIN」
価格 1200円(税別)

雨をモチーフにした水色のノート「RAIN」。1ページ目をめくると、フランスの詩人フランシス・ポンジュ(訳・阿部弘一)による詩「雨」を印刷した紙片が挟み込まれています。ページをめくっていくと、何も書かれていない水色の紙が続きます。最後に雨を表した線があらわれます。

「RAIN」は、Noritakeが数年前から愛読しているポンジュの著書「物の味方」(思潮社)、その冒頭に収録された詩「雨」のイメージを拡張しました。詩は阿部弘一氏、思潮社の許諾、文字校正を経て収録されています。また、デザインは、2011年にNoritakeが制作したノート「YELLOW PAGES」のフォーマットをベースにしています。2017年7月制作。

Size:A5 440ページ

__

05_rain_shirts

「AURALEE Selvedge Weather Cloth Half Sleeved Shirts (Light Blue)」
価格 24000円(税別)

2017年7月、ノート「RAIN」の発売を機にNoritakeがアパレルブランド・AURALEEに別注した水色の半袖開襟シャツ。

AURALEE定番の半袖開襟シャツの水色を特別にオーダー。

ゆったりとしているシルエットが特徴。極細番手のフィンクスコットンを使用。旧式のシャトル機でゆっくりと高密度に織り上げたウェザークロスは、生地の優しい風合いやふっくらとした膨らみ、柔らかながらもしっかりとしたコシのある独特の肌触りが特徴です。クタっとした柔らかでゆるい雰囲気のオリジナルテキスタイル。素材本来の特徴によってうっすらと表現される光沢感やサラッとした軽い肌触りがとても心地良いです。袖口や裾やポケット口(左胸)には生地の耳を使用して、ステッチを省き、スッキリとシンプルなデザインとしています。アームホールをゆるくデザインしているので、袖口をロールアップアレンジして着て頂くのもお勧めです。

ノート「RAIN」の世界観に寄り添うような、NoritakeとAURALEEによる静かなコラボレーションで「RAIN」を表現している。

2017年7月制作。

Size:3
肩幅:45.5 身幅:120 着丈:68.5 袖丈:29

Size:4
肩幅:47 身幅:124 着丈:70 袖丈:30

__

05_rain_tee

「AURALEE Seamless Crew Neck Tee (Light Blue)」
価格 9000円(税別)

2017年7月、ノート「RAIN」の発売を機にNoritakeがアパレルブランド・AURALEEに別注した水色のTシャツ。

AURALEEより定番のTシャツを水色に製品染めを施したもの。

生地は原料から選定し、糸の撚り方や番手、絶妙な度目の編み立てまで、全てに拘って一から作りこんだ丸胴天竺を使用。超長綿の中でも特に繊維長の長い綿を使用しており、柔らかく、ぬめりのある極上の肌触りが特徴です。ボディは身幅が広く肩が落ちて、着丈が少し短めのリラックスした独特のシルエットにしています。

ノート「RAIN」の世界観に寄り添うような、NoritakeとAURALEEによる静かなコラボレーションで「RAIN」を表現している。

2017年7月制作。

Size:1
肩幅:37 身幅:46  着丈:62  袖丈:15

Size:4
肩幅:51 身幅:55 着丈:67 袖丈:17

Size:5
肩幅:52.5 身幅:55 着丈:69 袖丈:18

 

(Photo by washida)

__

Noritake

イラストレーター。モノクロドローイングを軸に広告、書籍、雑誌、ファッション、壁画など国内外で活動。デザインやディレクション、作家活動もおこない、その活動は多岐にわたる。イラストをもちいたノートなどのプロダクト制作も精力的におこなう。

www.noritake.org

AURALEE

2015 年春夏より、「自分たちが思う本当に良いと思う素材を追求する」をコンセプトにスタート。

素材づくりからがデザインだと考え、日本屈指の生産背景で作り込んだ生地を開発。
出来上がった素材の個性を最大限に活かし、細部に至るまでクオリティにこだわったコレクションを展開しています。

高い質感で、気取らずに着ることができ、オーセンティックかつ、洗練された洋服を提案します。

http://auralee.jp/