誠光社 SEIKOSHA

京都 河原町丸太町 書店

イベント

「The Absence of Two」刊行記念 吉田亮人ブックサイニング

「The Absence of Two」刊行記念 吉田亮人ブックサイニング

宮崎県に住む88歳の祖母と23歳の従兄弟の生活を撮り続けてきた写真家吉田亮人は、ある日思わぬ結末に直面しました。その後、答えのない彼らの不在の理由を消化するかのごとく、二人の日々を手製の写真集へと纏めあげます。長い時間をかけ、111冊の手製本という物語へと昇華された彼らの日々は、写真家自身の手を離れ、普遍的な喪失と愛情のストーリーとしてさらなる広がりを見せはじめています。

KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭2017のメインプログラムのひとつとして展示され、多くの来場者の心を打った「The Absence of Two」。私家版刊行を経て、青幻舎よりの写真集出版を記念し、吉田亮人のブックサイニングツアーを敢行。当店を皮切りに全国インディペンデント書店を中心に巡回、手売りでサインを入れながら、彼らの物語を写真家から読者へ直接手渡す試み。

ご予約不要。みなさまどうぞお気軽にご参加くださいませ。

*混雑時には整理券を配布、お待ち頂く可能性もございます。

吉田亮人写真集 The Absence of Two

青幻舎刊
□ 判型:B5変
□ 総頁:140頁
□ 製本:コデックス装
□ 予価:3,800円+税
□ISBN978-4-86152-719-7 C0072

  • 吉田亮人 (よしだ・あきひと)
  • 吉田亮人 (よしだ・あきひと)

    1980年宮崎県生まれ。京都市在住。小学校教員を経て2010年よりフリーの写真家として活動。日経ナショナルジオグラフィック写真賞ピープル部門最優秀賞(2016)など、受賞多数。

開催日
2018年12月2日(日)
時間
12時〜15時
会場
誠光社
ご参加費
無料・会場にて「The Absence of Two」お買い上げのみなさまにサインしていただけます。

ご予約は定員に達し次第締め切らせていただきます