誠光社 SEIKOSHA

京都 河原町丸太町 書店

イベント

藤野可織 × nichinichi 「ガラスの物語」展

藤野可織 × nichinichi 「ガラスの物語」展

日常を一皮剥いて不穏で甘美な物語を描く芥川賞作家・藤野可織さんと、
ヴィンテージガラスの魅力を伝えるアクセサリーを制作するnichinichi。
小さな田舎町を舞台に、友達を渇望する「ぼく」は日ごと暗躍する——
月刊誌PHPスペシャルの連載「ガラスの物語」完結を記念して、
ガラスをモチーフにした12の掌編をもとに展示を行ないます。
連載にまつわるテキストや写真、ガラスをご覧いただける ほか、
物語に登場するガラスを使ったアクセサリーをお買い求めになれます。

[写真]松村シナ
[協力]PHPスペシャル

■会期中、12月2日(日)と12月10日(月)にはワークショップも開催。
色とりどりのヴィンテージガラスからお好みのものを選んで、アクセサリーをお作りいただけます。

※予約制/詳細は追って別途イベントページをご確認ください

  • 藤野可織
  • 藤野可織

    作家。1980年、京都生まれ。2006年、「いやしい鳥」で文學界新人賞、2013年に「爪と目」で芥川賞を受賞。
    著書に『おはなしして子ちゃん』『ファイナルガール』『ドレス』などがある。

  • nichinichi
  • nichinichi

    1983年生まれ。2006年より、京都にて活動をスタート。
    着こなしの邪魔をしない、それでいて着ける人の印象となるようなアク セサリーを制作。
    古いガラスはヨーロッパでみずから買いつけている。

開催日
2018年12月1日(土)ー 2018年12月15日(土)
時間
10時−20時(最終日・イベント開催日は18時まで)