誠光社 SEIKOSHA

京都 河原町丸太町 書店

イベント

『ワンダーウォール』と渡辺あやの脚本術

『ワンダーウォール』と渡辺あやの脚本術
テレビドラマの構造分析 特別編 

終了しました

2018年7月末、BSプレミアムにて放映されたドラマ『ワンダーウォール』。廃寮の危機に瀕したある学生寮に住む学生たちに立ちはだかる壁。自由とは、自治とは、対話とはなにかを、抵抗しもがき苦しむ若者たちの姿を通して鮮やかに映し出した作品は、舞台となった京都でも大きな話題を呼びました。同作の放映に加え、熱狂的なファンの多い朝ドラ『カーネーション』の再放送と、2018年は渡辺あや脚本作品への注目があらためて高まった一年でもあります。

9月17日の地上波での再放送と、当店より発売させていただくことになった同タイトルの写真集刊行を記念し、渡辺あやさんをお招きしトークイベントを開催!当店ではおなじみのドラマ狂、小柳帝さんを聞き役に、その脚本術や作品世界についてたっぷりと伺います。

 

《ご予約》ワンダーウォール (シナリオ付)  写真:澤寛 / 寄稿:渡辺あや、内田樹、大友良英 / 発行:BJ / 発売:誠光社 / 182mm × 242mm / 144P / ソフトカバー / 9月中旬入荷予定 どうしてこんなに苦しいんだろう。廃寮の危機に瀕したある学生寮に住む学生たちに立ちはだかる壁。自由とは、自治とは、対話とはなにかを、抵抗しもがき苦しむ若者たちの姿を通して鮮やかに映し出したドラマ『ワンダーウォール』公式写真集。本作の脚本を担当した渡辺あやが「命と壁と場所」を寄稿する他、内田樹「放っておいて、好きにさせてくれ」、本書の写真を撮影した澤寛「俺は、俺達の場所を規定されたくない」、大友良英「『ワンダーウォール』にツボってしまって、勝手に応援したくなっている」と多数原稿を収録。ドラマの中で失われつつあった近衛寮という架空の場が、われわれの自由と地続きであることを教えてくれる一冊。

開催日
2018年9月28日(金)
時間
19時〜21時
出演
渡辺あや・小柳帝
会場
誠光社
定員
30名さま
ご参加費
2000円+1ドリンクオーダー
ご予約方法
満席につきご予約受付を終了いたしました。

ご予約は定員に達し次第締め切らせていただきます