誠光社 SEIKOSHA

京都 河原町丸太町 書店

イベント

“ヌーヴェル・ヌーヴェルヴァーグ”を観よう

“ヌーヴェル・ヌーヴェルヴァーグ”を観よう
フランス映画の「今」を知る夜

今、フランスでは、ゴダールやトリュフォーなどによる、かつての「ヌーヴェル・ヴァーグ」を思わせる新しい世代の才能豊かな映画作家たちが台頭し、第二のヌーヴェル・ヴァーグを思わせるような作品群が次々に公開されています。

例えば、『女っ気なし』や『メニルモンタン 2つの秋と3つの冬』のようなヴァンサン・マケーニュ出演作品や、レオス・キャラックスの再来とも言われるアルチュール・アラリの『汚れたダイヤモンド』のような映画の数々。

ひとつのムーブメントが起こりつつある中、日本未公開の作品もまだまだ多く、取り上げるメディアも少ない中、仮にその動きを「ヌーヴェル・ヌーヴェルヴァーグ」と名付け、まとめて語ることによって見えてくるものがあるはずです。

おなじみ小柳帝さんをお迎えし、現在進行形のフランス映画の波をご紹介頂きます。フランス映画祭開催も控え、そのガイドともなるような作品紹介・解説をお楽しみください。

短期間の特集上映や、いくつものミニシアターでの上映に、目移りがしてしまうフランス映画ファンには、今後チェックすべき映画を知る格好の指針となるはずです。

  • 小柳帝(こやなぎみかど)
  • 小柳帝(こやなぎみかど)

    映画・音楽・デザイン・知育玩具・絵本などの分野を中心に、さまざまな媒体で執筆活動を行なってきた。主要な編・著書に、『モンド・ミュージック』、『ひとり』、『EDU-TOY』、『グラフィックデザイナーのブックデザイン』、『ROVAのフレンチカルチャー A to Z』、『小柳帝のバビロンノート 映画についての覚書1・2』、また、翻訳書に『ぼくの伯父さんの休暇』、『サヴィニャック ポスター A-Z』などがある。その他、CDやDVDの解説、映画パンフレットの執筆等多数。なお、小柳およびROVAについては、『ROVAのフレンチカルチャー A to Z』や、折形研究所発行の『折る、贈る』という本に詳しい。

開催日
2018年6月8日(金)
時間
19時-
会場
誠光社
定員
30名様
ご参加費
1500円+1ドリンクオーダー
ご予約方法
E-mail:s-contact@seikosha-books.com
(参加ご希望イベント名、お名前、お電話番号をご記載ください)

または店頭、お電話にて承ります。

ご予約は定員に達し次第締め切らせていただきます