誠光社 SEIKOSHA

京都 河原町丸太町 書店

イベント

ジョンとポール “ENGLISH-JAPANESE” リリースLIVE

ジョンとポール “ENGLISH-JAPANESE” リリースLIVE

2017年10月末に誠光社より初のCD作品としてリリースされたジョンとポールの”ENGLISH-JAPANESE”発売を記念して、リリースライブを開催!同作と同様、ベースとサイドギターを加えた三人編成で、収録曲はもちろん、当日のための仕掛けなどもご用意していただきます。

マイルドな歌心とひねりの利いたことばをどうぞライブでお楽しみください。会場は誠光社より徒歩5分の美しい町家「Bonjour!現代文明」さんにて。

ジョンとポール

ジョンとポール”ENGLISH-JAPANESE”

現代音楽的アプローチを出発点に、コンセプチャルなアルバムを幾つか発表したのち、次第にポップミュージックへと接近していった理論派ミュージシャン「ジョンとポール」のニューアルバム。本作のテーマはタイトル通り「翻訳」。ビーチ・ボーイズにランディ・ニューマン、トーキング・ヘッズにドナルド・フェイゲンまで、通好みの洋楽ポップスを、自然な譜割りを損なうことなく日本語にトランスレーション。結果、制度化された「うたのことば」の定形をはみ出す自然な口語と、ユーモラスな文語体の入り交じる「ことばのアルバム」の傑作が誕生!

「やる事山程あったモーニンテンパってもうしんど~ でも今はOkay 「もう平気」って君に言お」
(Busy Doin’ Nothin’)

「『お茶なんていかがですか?奥様方もご一緒に』そゆのっていいね デイトン オハイオ まったりサンデーアフタヌーン 1900飛んで3」
(Dayton, Ohio-1903)

ポップスにおける自然な日本語とは何か?「分母分子論」がもう一度転倒する快感をお楽しみください。

アートワークはサニーデイ・サービスやシャムキャッツのジャケットを手がける盟友小田島等。

 

  • ジョンとポール
  • ジョンとポール

    広島県呉市在住の土肥雅樹による一人ユ ニット。桑沢デザイン研究所卒。

    「ジョンとポール 」というアーティスト名は誰も思う世界的バンドのメンバーとはほぼまったく関係ない。たくさんのネコに囲まれた部屋でレコーディング、ジャケットのイラストから曲のミックス、サンプル盤の制作に至るまですべてを一人で行うのがジョンとポールのスタイル。

    どこか新しくて不思議 。それが普遍的な表現に昇華しているのは、きっと可笑しさと芸術性がうまく盛り込まれているからなのだろう。
    johntopaul.com
    www.facebook.com/fictionhole

開催日
2017年12月9日(土)
時間
19時-
会場
Bonjour!現代文明

http://bongenbun.com
(新烏丸通竹屋町上る・誠光社より徒歩5分)
定員
30名さま
ご参加費
2000円+1ドリンクオーダー
ご予約方法
E-mail:s-contact@seikosha-books.com
(参加ご希望イベント名、お名前、お電話番号をご記載ください)
または店頭、お電話にて承ります。

ご予約は定員に達し次第締め切らせていただきます