誠光社 SEIKOSHA

京都 河原町丸太町 書店

イベント

街をつくる店、店をつくる街

街をつくる店、店をつくる街
『昭和の店に惹かれる理由』刊行記念イベント

終了しました

書影

『昭和の店に惹かれる理由』の刊行を記念して、トークイベントを開催します。

本書では、昭和からつづくお店の方々を取材。なぜか心惹かれ、気づけば足が向かっている、それらのお店の「なんか正しい感じ」の正体を、探っていきました。その制作秘話を著者の井川直子さんをおまねきして伺います。

また、百年、千年が当たり前の歴史を持つ京都の街で、「昭和の店」は街の人々にどのような捉え方をされているのでしょうか?京都の街でお店を「つづける」とは?

聞き手を務めるのは当店店主・堀部。一晩限りの『昭和の店に惹かれる理由』京都編をお届けします。

  • 井川直子(いかわ・なおこ)
  • 井川直子(いかわ・なおこ)

    1967年、秋田県生まれ。フリーライター。レストラン取材のほか、主に料理人、生産者など「食」と「飲」まわりの人々、店づくりなどの記事を雑誌・新聞等に寄稿。『dancyu』『料理通信』『メトロミニッツ』など連載多数。著書に『僕たち、こうして店をつくりました』(柴田書店)、『シェフを「つづける」ということ』(ミシマ社)などがある。

開催日
2017年6月23日(金)
時間
19時-
会場
誠光社
定員
30名さま
ご参加費
1500円+1ドリンクオーダー
ご予約方法
E-mail:s-contact@seikosha-books.com
(参加ご希望イベント名、お名前、お電話番号をご記載ください)

または店頭、お電話にて承ります。

ご予約は定員に達し次第締め切らせていただきます