誠光社 SEIKOSHA

京都 河原町丸太町 書店

イベント

いい石旅立ち--世界のどこかにあなたを待ってる石がいる

いい石旅立ち--世界のどこかにあなたを待ってる石がいる
『石ってふしぎ』刊行記念トーク

終了しました

一口に「石」といっても、実にさまざま。噴出するマグマが冷却し、ふしぎな形を呈している自然石。自然のなかに点在するミステリアスな石造物。今も人々の生活のなかに残る石橋や石畳。やさしい笑みをたたえる石像など……。

『石ってふしぎ』の著者であり、日本の各地の石を訪ね、「日本列島 石の物語」という連載を『交通新聞』で10年以上にわたって続けている市川礼子さん、本書の装丁を担当なさった矢萩多聞さんのお二人が、大好きな石、気になる石など、これまでに出会ってきた石について、熱く語り合います。

 

石好きの皆さまはもちろん、「石???」という皆さまにも、ぜひお気軽にお出かけいただけましたらうれしいです。

  • 市川礼子(いちかわ れいこ)
  • 市川礼子(いちかわ れいこ)

    東京生まれ。出版社勤務を経てフリーランスライターに。日本旅のペンクラブ会員。歴史ある町並みや温泉、食などの分野を中心に『ジパング倶楽部』『旅の手帖』その他月刊誌などに執筆。子どものころからなぜか石に興味があり、2003年からは『交通新聞』で「日本列島 石の物語」を連載。カメラを相棒に北から南まで石の旅を続けている。著書に『カメラを持って旅に出よう。』など。写真は、沖縄の久米島にある畳石にて。

  •  矢萩多聞(やはぎ たもん)
  • 矢萩多聞(やはぎ たもん)

    1980年横浜生まれ。画家・装丁家。中学1年で学校をやめ、ペンによる細密画を描きはじめる。95年から、南インドと日本を半年ごとに往復し、日本帰国時に個展を開く。2002年から本づくりの仕事にかかわるようになり、これまでに400冊を超える本を手がける。12年、事務所兼自宅を京都に移転。現在はインド(バンガロール)・東京・横浜・京都を行き来し、装丁、ペン画、イベント企画など、多岐にわたる活動を続けている。著書に『偶然の装丁家』(晶文社)がある。

開催日
2016年6月26日(日)
時間
19時-
会場
誠光社
参加費
500円+ワンドリンクオーダー
ご予約方法
E-mail:s-contact@seikosha-books.com
(参加ご希望イベント名、お名前、お電話番号をご記載ください)

または店頭、お電話にて承ります。

ご予約は定員に達し次第締め切らせていただきます