誠光社 SEIKOSHA

京都 河原町丸太町 書店

ブログ 何を読んでも何かを思い出す

ランベルマイユ・ブレンドについて

ランベルマイユ・ブレンドについて

当店ではレジ横カウンターにてコーヒーをお出ししています。テイクアウトも、飲みながら店内をゆっくりご覧いただくことも可能です。200g単位で豆の小売もしております。

今回店をオープンするにあたって、イベント時のドリンクを出せるようにと近所のかもがわカフェさんのマスター大ちゃんに相談したところ、同じくかもがわカフェのカウンターで夜な夜な酒を酌み交わす先輩、六曜社地下店の奥野修さんにもご協力いただき、お二人の焙煎した豆をブレンドしてご提供いただくことになりました。せっかくなので、ということで通常営業中もお出しすることに。

六曜社の修さんはタンザニア、かもがわカフェの大ちゃんはコロンビアの豆をそれぞれ深煎りで、コクはあるけどすっきりしたあと味を目指して焙煎していただいています。ちなみにブレンドの名前である「ランベルマイユ」という言葉は、シンガーソングライターでもある修さんの楽曲「ランベルマイユコーヒー店」が由来だそうです。肝心の「ランベルマイユ」という言葉の意味はわかりません。機会があれば六曜社地下店のカウンターで修さんに訊いてみてください。

お隣さん、アイタルガボンさんのエスプレッソもとっても美味しいので、お急ぎの際は当店で、お時間のある方はお隣か、徒歩1分のかもがわカフェさんでコーヒー片手に読書などいかがでしょうか。