誠光社 SEIKOSHA

京都 河原町丸太町 書店

ブログ 何を読んでも何かを思い出す

Bookworm House & Other Assorted Book Illustrations

Bookworm House & Other Assorted Book Illustrations

はじめて赤井稚佳さんのブックイラストレーションを目にしたのは、たしか『Coyote』の誌面でだったと思う。一目見て、本が好きな人が描いている、ということがわかった。「本の表紙を」という与えられたお題に対し、スピンや小口まで描き込むイラストレーターはそう多くはないはずだ。情報として書影を模写するのではなく、モノとしての思い入れを描く。これが赤井さんによるイラストの特異な点である。

book_akai0910

本書は”BOOKWARM HOUSE”というショート・ストーリーと、”BOOK ILLUSTRATIONS”の二部で構成されている。ちょっと癖のある本好きの住人が集まる家には、当然本棚があちこちに備え付けられている。その書棚からランダムにピックアップした本が後半のブックイラストレーションだとイメージしていただくと面白いだろう。彼らの書棚に収められている本の数々は、どれも赤井さんのイラストのごとく、歪み、文字がはみ出しているのかもしれない。

book_akai0907

ちなみにショートストーリー”BOOKWARM HOUSE”はポール・オースターの『ムーン・パレス』にインスパイアされて描かれたそうだ。”BOOK ILLUSTRATIONS”の部分には同書の新潮文庫版カバーをモデルにした作品を掲載した。物語の中の本棚に迷い込んだような入れ子構造になっている。

今回企画段階から本作りをご一緒させていただいたが、本好きの作家さんとの作業はなかなか楽しい経験だった。

  • 《ご予約》Bookworm House & Other Assorted Book Illustrations
  • 《ご予約》Bookworm House & Other Assorted Book Illustrations ¥1296(税込) 通信販売ページへ
    stores.jpのウェブストアを利用しております。
    掲載商品は品切れの場合がございます。